スクール・教室・塾経営

オンライン塾とは?開業のメリットやフランチャイズとの比較も解説

近年ではインターネット技術の進化により、動画のように大容量のデータを高速でやり取りすることができるようになりました。
また、近年では流行病の影響により外出する方が少なくなったことから、自宅内で完結できるサービスが好まれています。
そのなかには、外出せずに塾の授業を受けることができる「オンライン塾」と呼ばれるものがあります。
本記事では、オンライン塾とはどのようなものなのかについて、開業のメリットやフランチャイズとの比較などとあわせて解説します。

 

オンライン塾とは?

オンライン塾とは、インターネット通信を利用して生徒に授業を行う塾です。
一般的な塾では、生徒が教室に通学して、教室内で先生の授業を受けます。
しかし、インターネットの普及や流行病などの影響により、外出を控える方が多くいらっしゃいます。
そのため、近年ではインターネットを利用して指導を行うオンライン授業が普及するようになりました。
調査によると、学習全体のうち6割程度がオンライン授業を導入していると言われています。

 

オンライン塾の開業メリット

オンライン塾の開業メリット

こちらでは、オンライン塾を開業するメリットをご紹介します。

ランニングコストを抑えられる

学習塾を開業する際、テナントを借りたり備品を用意したりといった、さまざまな費用が発生します。
また、多くの生徒を集めるためには収容できる広さのスペースを確保しなければなりません。
しかし、オンライン塾では一般的な塾のように広いスペースは不要であることから、賃料を抑えることができます。
また、個人でも複数の生徒に指導ができることから人件費も削減できるため、ランニングコストを抑えて運用が可能です。

集客対象が幅広い

テナントや自宅で学習塾を開業すると、周辺エリアに住んでいる生徒しか集客ができません。
オンライン塾は対象エリアが全国になるため、オフライン塾よりも多くの生徒を集めることができます。
集客もオンラインで行うため、広告などを利用すれば効果的に集客できる点がメリットです。

授業時間の自由度が高い

教室で実施するオフラインの授業では、生徒の門限やテナントの利用可能な時間帯などにより、授業時間に限りがあります。
しかし、オンライン塾は生徒が通塾する必要が無いことから、先生と生徒のスケジュールが合えばいつでも授業ができます。
生徒の時間に合わせて授業を行える点は、オンライン塾の大きなメリットと言えるでしょう。

生徒・先生がどこにいても授業ができる

オンライン授業は、通信できる環境であればどこでも授業ができます。
生徒が授業の日に旅行や遠方に行く際、オフラインの塾では休みを取らなければなりません。
休んでいる間にほかの生徒に差をつけられたり、大事な情報を話されたりといった不安があるものです。
オンライン授業の場合はスマートフォンやパソコンがあれば、どこでも受講することができるといったメリットがあります。

 

オンライン塾の開業デメリット

オンライン塾にはさまざまなメリットがある一方、下記のようなデメリットがある点には注意しましょう。

インターネット環境に左右される

インターネットは通信環境やデバイスの不具合により、通信が不安定になってしまうことがあります。
教室側の環境が十分に整っていても、生徒側の環境が不十分だった場合、話している内容が聞き取りにくい点が懸念です。
そのため、オンライン塾を開業する際、ホームページなどで生徒側に推奨するインターネット環境などを記載しておきましょう。

生徒との信頼関係が築きにくい

オンライン塾では対面で生徒と話さないため、一般的な塾と比較すると関係を構築しにくいと言われています。
信頼関係が無い状態で講義を進めると、生徒のやる気が低下して退塾に至ってしまう可能性があります。
生徒のやる気を向上させるためには、個人面談の時間を設けるなどで生徒の様子をしっかりと確認しましょう。
不安や懸念点を解消してあげることで、良好な信頼関係を構築することができます。

競合のライバルが増える

オンライン塾にすると、商圏が広がる一方、競合となるライバルの塾や教室が増えます。
魅力的なコンセプトやサービス内容で差別化をしっかりと行わないと、商圏が広がっただけで、生徒や保護者から選ばれないといった状態になりがちです。
広い商圏の中でも自分のオンライン塾を選んでもらえるような生徒集客導線や効果的な集客運用が重要となります。

 

オンライン塾の個人とフランチャイズでどう違う?

オンライン塾の個人とフランチャイズ

一般的なオフラインの塾と同様に、オンライン塾にも個人経営とフランチャイズの形態があります。
下記にて、個人経営に向いている人とフランチャイズに向いている人の特徴をご紹介します。

個人経営に向いている人

個人経営に向いている方には、下記のような特徴を持つ方が多い傾向にあります。

・自分が経営する教室を持ちたいと強く思っている方
・地域密着型で教室を経営したい方
・月々の収入を安定したいと考える方

フランチャイズの学習塾では、本部から指導方針や教材などが共有されるため、初期費用を抑えて運用することができます。
一方、指導方針の自由度が限られているほか、毎月の手数料が差し引かれるため収入が減少する懸念があります。
個人経営の場合は自由に経営を行うことができ、生徒の学費がそのまま収益になることから、高い利益の獲得が可能です。
このように考える方は、個人経営が向いていると言えます。

フランチャイズに向いている人

一方、フランチャイズ経営に向いている方には下記のような特徴が見受けられます。

・初期費用を抑えたい方
・指導に関するノウハウが不足している方
・経営のサポートを受けたい方

個人経営は比較的自由な経営ができる一方、生徒の指導や経営などをすべて自分で行う必要があります。
そのため、失敗したときの改善方法や対策などが分からない場合、赤字経営が続く可能性が考えられます。
フランチャイズ経営は本部から物資の支給や指導・経営に関するノウハウを受け取ることができるため、安定した経営が可能です。

 

おわりに

本記事では、オンライン塾のメリットやフランチャイズ経営との比較などについてご説明しました。
オンライン塾は一般的な学習塾と比較すると、ランニングコストを抑えられたり集客範囲が広かったりといったメリットがあります。
経営形態には個人経営とフランチャイズ経営があるため、どちらの方がメリットを得られるのかを検討することが重要です。
いずれの経営形態でも、生徒が高い満足度を得られるような授業を心がけましょう。

 

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1. そろばん教室開業の手引き|資格や必要なもの、安定経営のコツも解説

  2. 書道・習字教室を自宅で開業するには?流れや資格、必要なものを解説

  3. 【学習塾必見】生徒とのコミュニケーションの重要性について

  4. オンライン塾の集客とは?うまくいかない原因や効果的な方法も解説

  5. オンライン塾とは?開業のメリットやフランチャイズとの比較も解説

  6. 料理教室の開業で大切なこと|開業に必要な手続きや資金について解説

おすすめの記事

  1. 【学習塾必見】生徒とのコミュニケーションの重要性について

  2. 料理教室の開業で大切なこと|開業に必要な手続きや資金について解説

  3. 教室の集客アップに効果的な方法とは?集客の流れやコツを詳しく解説

  4. 【最新完全版】生徒集客方法・募集方法のコツ|スクール教室・習い事・学習塾・学校向けに経営コンサルタントが徹底解説!

  5. 【初心者向け】学習塾開業の基礎知識|塾経営を成功へ導く秘訣

  6. 学習塾運営に関するお悩みやその解決方法をご紹介

特集記事

  1. そろばん教室開業の手引き|資格や必要なもの、安定経営のコツも解説

  2. 書道・習字教室を自宅で開業するには?流れや資格、必要なものを解説

  3. オンライン塾の集客とは?うまくいかない原因や効果的な方法も解説

  4. オンライン塾とは?開業のメリットやフランチャイズとの比較も解説

  5. 教室の集客アップに効果的な方法とは?集客の流れやコツを詳しく解説

  6. 【最新完全版】生徒集客方法・募集方法のコツ|スクール教室・習い事・学習塾・学校向けに経営コンサルタントが徹底解説!

TOP