経営コンサルティング

学習塾の集客にお悩みの方必見!生徒を増やすための集客方法とは?

勉強の基盤を作ってほしい、良い大学に入学してほしい、良い企業に勤めてほしい、という親の願いから子どもを学習塾に通わせるという方も多いです。
また、現在日本では少子化が問題視されていることから、学習塾同士で生徒の取り合いが起きています。
数多くある学習塾の中から、皆様が運営されている学習塾を選んでもらうにはどうすれば良いのか頭を悩ませている方も少なくないのではないでしょうか?
今回は、学習塾の生徒を増やすための集客方法についてご紹介します。

 

学習塾業界の動向

業界の傾向

先述の通り、現在日本では少子化が問題視されています。
内閣府の調査でも、玩具市場など子どもに関わる産業は縮小傾向にあります。
一方で、学習塾市場はどうかというと、経済産業省の資料「第5回サービス産業×生産性研究会 事務局説明資料」によると、学習塾の売上高の推移は年々増加しています。
学習塾市場の規模は2019年で約4,400億円、事業所数は約52,000件となっていて、子どもに関わる産業の中では比較的規模の大きい産業であるとされています。
また学習塾の形態も年々多様化していて、以前までは集団での授業がそのほとんどだったものが、現在では個別授業・オンライン授業などのように、時代とともに変化するニーズに合わせた様々な形態が出てきています。

 

集客前に

集客の前に

すぐにでも集客活動をしたいところですが、まずは自社と競合の強みや違いについて調査、また集客したいターゲットを明確化する必要があります。
調査を十分に行わずに集客活動を行った場合、コストや手間が無駄になってしまうこともあるでしょう。
それを避けるためには、また、より効率よく集客をするためには下調べは必須だと言えます。
集客前には、どのような内容の下調べをしておけば良いのでしょうか?
こちらで、解説していきましょう。

 

下調べ1 自社の強み

集客をする前に、まずは自身の学習塾の強みを明確にしましょう。
一例として「ゆとりある広い教室」「〇〇の教科に特に強い」「〇〇な生徒の育成に長けている」「〇〇という指導方針をとっている」などが挙げられるかと思います。
自社の強みは広告やチラシなどでユーザーに訴求できる有効な武器となります。
改めて考え直すことで、今まで訴求していなかった強力な武器が見つかることもありますので、集客をする前に今一度考えてみるようにすると良いでしょう。

 

下調べ2 ターゲット調査

学習塾の主なターゲットは生徒や保護者です。
たとえば、20歳代の方に広告を見てもらったとしてもその年齢層はターゲットには当てはまらないため確度が低く、余計な金銭・時間的コストが発生してしまいます。
より効率よく集客するためには「誰に」「どこに」「どうやって」広告を見てもらうのかを明確にする必要があります。
これはペルソナを設定することでより具体性が増します。
ペルソナとは、性別や年齢はもちろん、既婚/未婚、地域、学歴、年収のほかどのような立場にいる人で、どのような情報が欲しいかなど架空のユーザー像を具体的に設定することです。

ジョン・S.プルーイットが執筆した「ペルソナ戦略」の中では下記のように定義されています。
「ペルソナは、実在する人々についての明確で具体的なデータをもとに作り上げられた架空の人物であり、ユーザーが本当に使いたいと感じる製品の実現をサポートするためのツールであり、手法である。」
※引用書籍:ジョン・S・プルーイット「ペルソナ戦略―マーケティング、製品開発、デザインを顧客志向にする」ダイヤモンド社、2007年

このペルソナを、きちんと設定しておくことで、より効率良く集客をすることができるのです。

 

集客方法

集客方法

全国に学習塾の事業所は52,000件ほどあるといわれています。
各エリアに学習塾はひしめき合っていて、その中でどのように集客していくかが学習塾運営における課題の一つです。
こちらでは、学習塾の集客方法について具体的にご紹介していきます。

 

自社ホームページ

総務省の「情報通信白書」によると、インターネットの利用率は約9割と、一般的な感覚の通り、世の中のほとんどの方がインターネットを使用しています。
より細かな情報を見る際にはパソコンを使用するという方も多いですが、まず初めはスマートフォンで検索してみるという方・スマートフォンしか使用しないという方も多くなってきています。
そのため自社のホームページを制作するうえでは、スマートフォン・パソコンの両方に対応したサイトを制作する必要があるのです。
制作の際はユーザーの使い勝手やお役立ち情報などのコンテンツの拡充、後述する広告運用の場合はLP(ランディング・ページ)の作成も検討すると良いでしょう。

 

SNS

FacebookやInstagram、LINE、Twitter などのSNSは無料でアカウントを作成でき、気軽に情報発信を行えるツールです。
またSNSでつながったユーザーとはSNS上でコメントのやり取りが可能となるため、窓口を増やすことができると考えて良いでしょう。
昨今、SNSは非常に優秀な集客ツールとなっているため、しっかりと活用していくようにしましょう。

 

インターネット広告

自社サイトを立ち上げても、SNSを運用しても、なかなかアクセスや問い合わせにつながらないことがあります。
そのような場合、GoogleやYahoo!などの検索エンジンの検索結果に表示されるリスティング広告、Youtubeやサイト内に表示される画像広告であるディスプレイ広告、または上記のSNS上で広告を発信することで、より多くのユーザーにアプローチをかけることができます。

 

チラシ

各家庭や新聞の折り込みなどにチラシを入れることで、ユーザーに認知してもらう手法です。
チラシは紙でできている以上、サイズが限られています。
そのため、最も伝えたいことは必ず明確に記載するようにしましょう。
また近年では、ホームページやSNSの受け皿となる「メディアミックス」の手法をチラシに取り入れることもあります。
たとえばチラシの端にホームページへの遷移先が掲載されたQRコードの掲載などがこれに該当します。

 

看板

周辺地域に看板を出すことで、学習塾の存在を近隣住民の方々に知ってもらうことができます。
とくに通学路や人通りの多い道などを選んで設置すると効果的です。

 

イベント

入塾体験や入会金無料など、ユーザーにとってのメリットを打ち出すことも有効な施策です。
入塾体験や入会金無料のような情報もチラシに記載するようにしましょう。
チラシを見て興味を持たれた方はインターネットで検索行動をとることも多いので、WEBサイト上にもこのような同様の情報を記載するようにしましょう。

 

口コミ

口コミにはユーザーのリアルな声が反映されています。
一般ユーザーは口コミを参考にして問い合わせや申し込みを決定することが少なくありません。
生徒さんや親御さんに確認し、有効な口コミと開示許可が取れた場合には、積極的に利用するようにしていきましょう。

 

集客時の注意点

集客の注意点

このように、学習塾の集客方法は多岐にわたります。
施策後は必ず効果検証を行い、これまでの成果を基に次は何を行うのか、を決定しましょう。
やりっぱなし、放置状態だと効果のない集客方法に予算をつぎ込んでしまうことになりかねません。
実施した施策についてはしっかりとPDCAを回し、より効率的に集客を行えるようにしていきましょう。

 

おわりに

今回は、集客方法についてご紹介しました。
学習塾の数は、年々微増傾向が続いています。
全国に多数ある学習塾から自身の学習塾を選んでもらうためには、ただ待つだけではなくホームページやSNS、インターネット広告などを用いて集客を行う必要があります。
また集客前には自社の強みや集客したいターゲットの明確化を行い、なんの施策が有効なのかを検討・判断・実施するようにしましょう。
一度行った施策はしっかりと効果検証を行い、今後の施策に活かすようにしましょう。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP