経営コンサルティング

学習塾講師の採用ポイント 注意点や向いている人まとめ

学習塾を運営するためには、児童・生徒に対して授業を行う講師を雇用しなければなりません。
経営者が講師を行うこともありますが、専門的に授業を行う講師を雇用したほうが生徒の学力が向上する可能性が高くなります。
本記事では、学習塾講師の採用ポイントや注意点、講師に向いている人をご説明します。

 

学習塾講師採用のポイント

学習塾で児童・生徒に指導をする講師を雇用する際には、こちらの項目でご説明するポイントを押さえておいた方が良いでしょう。

教育に関心がある

講師が生徒に対して指導をする内容は、問題の解答方法を教えるだけではなく、「なぜその答えになるのか」「その問題を解くためにはどのように考えればいいのか」というように、問題に対して深く理解をさせなければなりません。
教育に関心を持つ講師はこちらの点を理解している可能性が高いため、与えられた問題を通して生徒の理解力、学力を向上させることが期待できます。

コミュニケーション能力が高い

学習指導は講師から生徒へのコミュニケーションのひとつです。
コミュニケーション能力が高い講師は上手に問題を教えるだけではなく、問題に行き詰まっている生徒の気持ちを理解する能力も高いものです。
また、ただ教えるだけではなく、時には生徒を楽しませながら授業を行うことも有効なコミュニケーションといえます。
無理やり情報を詰め込まれるよりも、楽しく解けたほうが児童も理解をしやすいため、そのような点を押さえられている講師は採用基準を満たしていると言えるでしょう。

人間力が高く、ユーモアがある

講師も人間であるため、感情的になることもありますが、すぐに怒ったり無表情だったりするような講師は生徒から怖がられてしまいます。
生徒に人気がある講師はすぐに怒らず、いつも笑顔で接してくれるような人であるため、そのような講師は生徒から「またあの先生の授業を受けたい」と思われます。
また、生徒の中で流行しているものや日常会話で話が合うということもポイントのひとつで、面白い先生というポジションの確立も重要です。
時に楽しく、時に真剣に指導をすることができる講師は、採用をしても問題ないと言えます。

 

学習塾講師を採用する際の注意点

講師採用の注意点

学習塾講師(特にアルバイト)を採用する際の注意点としては、先述の人柄だけではなくシフト状況の確認も必要です。
採用時に土日を含めて学習塾が希望するシフトに入ることができるのかといった意思確認が重要となるため、必ず聞いておきましょう。
もしもお互いの同意が得られないまま採用してしまうと、当初の予定通りにシフトが組めなくなります。
採用後は簡単に解雇をすることができないため、「こんなはずではなかった」と後悔しないよう、シフトについては入念に確認をしておきましょう。

 

学習塾講師に向いている人

塾講師に向いている人

学習塾講師に向いている人は、「教え子の成長に喜びを感じる」「気長に成長を見守ることができる」といった考えを持つ人です。
児童や生徒によっては同じことを何度教えてもなかなか理解ができないこともあります。
そのような場合でも、生徒の理解力不足を責めずに自分の指導方法を見直すことができる人が講師に向いています。
指導方法はひとつだけではなく、生徒個人にあった指導方法を行える柔軟性の高さが必要です。
さまざまな指導方法で生徒の学力を向上させ、これまで解くことができなかった問題を生徒が解けるようになったら、一緒に喜んであげられるのも学習塾講師に向いている人の性格であると言えます。

 

おわりに

本記事では、学習塾講師の採用ポイントや注意点、講師に向いている人についてご説明しました。
学習塾講師の採用ポイントとしては教育に関心があり、コミュニケーション能力や人間力が高い講師を採用する点が挙げられます。
採用時には、シフトについて入念に話し合うことで採用後のギャップをなくしましょう。
生徒が解けない問題を工夫して解けるようにしてあげ、一緒に喜べるような講師を採用したいものです。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP