経営コンサルティング

【学習塾運営】生徒の保護者と良好な関係を築くには?

学習塾運営を良好なものにするためには、生徒の成績を上げるだけではなく、保護者との関係性も重要です。
保護者は学習塾に対して、どのような情報を必要としているのでしょうか。
本記事では、なぜ生徒の保護者と良好な関係を築いたほうが良いのか、関係構築の方法などをご紹介します。

 

保護者と良好な関係性を構築する理由

保護者と良好な関係性を構築する理由は、保護者が毎月の授業料を支払っているからです。
学習塾が生徒を指導するためには、講師の給料や消耗品の購入など、さまざまな費用が発生します。
収入源は学習塾に通わせている保護者からいただく授業料で、生徒数が多ければ多いほど使うことができる金額が増加します。
保護者にとって学習塾を評価する指標のひとつは生徒の学力向上であるため、学力の向上が見受けられない場合、退塾に至る可能性が高いです。
そのため、テストや入学試験の結果が学習塾の収益に直結すると言っても過言ではありません。

 

生徒の保護者と良好な関係を築く方法

保護者と良好な関係を構築

こちらでは、生徒の保護者と良好な関係を構築する方法をご説明します。

生徒の学力を向上させる

保護者にとって、生徒の学力向上は学習塾に求める最重要項目です。
生徒の学力が向上することにより、保護者は学習塾に信頼を置くため、良好な関係を構築することができます。
また成績が下がった場合も、理由や対策、改善案を提示することにより、信頼の低下を防ぐこともできます。

志望校入学への可能性

生徒と保護者、学習塾の間で志望校が決まっている場合、保護者は入学ができるのか、何をすれば良いのかといった疑問は常に持っているものです。
学習塾の指導者や運営者は、保護者に対して進捗状況や次に生徒が取るべきアクションを伝えることで信頼関係を構築することができます。
学習塾に通学する生徒は、小・中・高校生です。
生徒がより良い人生を送るためには良い学校に進学すべきと考える保護者は、学習塾に通わせていることが多いです。
そのため、目標の志望校に入学できる可能性はあるのか、入学するために何をするべきなのかを保護者に伝えることで、良好な関係を築くことができます。

保護者とのコミュニケーションの回数を増やす

細かいことでもこまめに連絡を取ることが、保護者との良好な関係を構築する方法のひとつです。
生徒の学力が急に上がったり、急に落ちたりするときは、生徒に何か変化があることが多いです。
学習塾に通わせてから生徒が変化すると、保護者は不安に感じるものです。
そのため、学習塾から保護者に対して「〇〇君の将来の目標が決まったから最近はやる気がある」「〇〇さんの成績が下がっているのは〇〇が影響している」といった、生徒の変化を逐一伝えるようにしましょう。

 

保護者が塾に求めるもの

保護者が塾に求めること

保護者が塾に求めるものは、生徒の学力向上です。
授業料という対価を支払い、生徒の学力が向上しなかった場合、退塾に至る可能性が高いです。
学力が向上しない理由が生徒にあったとしても、対策や理由がわからなければ保護者の不満は募り、退塾リスクが高くなります。
そのため、学習塾は保護者のニーズをくみ取り、生徒の学力向上を目指す必要があります。
「お金を払っているけど、この学習塾に通わせる意味がない」と思われないように、常に生徒と保護者を気にかけるようにしましょう。

 

おわりに

本記事では生徒の保護者と良好な関係を築く方法などについてご説明しました。
保護者は学習塾に対して生徒の学力向上を求めており、また生徒の学習状況や志望校への入学可否を気にしています。
生徒の現状を理解し、何をどのようにすれば現状の課題が解決できるのかをこまめに話し合うことで、保護者と良好な関係を構築することができるでしょう。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP