FC・LC展開を見据えた損益分岐点

FC・LC展開で収益を上げる為のポイント

生徒集客と収益改善を徹底支援のヤグマネジメントです。

弊社にはスクールや教室の運営者の相談が非常に多いわけですが、
リアル店舗で運営されている場合、収益を上げる為のポイントの1つとして、

多店舗展開

という手段が挙げられます。

1店舗ではどうしても商圏の広がりが限られる為、
FC(フランチャイズチェーン)LC(ライセンスチェーン)で2店舗目や3店舗目を作っていく。

そういった展開が必要となってくる場合があります。

 

もしあなたが、FCやLCでの展開を考えている場合、
その時に一番重要視してほしい事があります。

 

それが、

 

損益分岐点を徹底的に左下にする

 

という事です。

こちら、損益分岐点を表したグラフとなりますが、
特に、固定費は徹底的に下げてください。
経費は極力、平行線に傾きを近づけてください。
売上高はもちろん傾きを強くしていくサービス内容に

 

そしてちょっとここで、そもそも論の話を少ししてよろしいでしょうか?

 

基本的に、自分のビジネスモデルを固定費と経費を徹底的に下げた上で、
損益分岐点を下に、そしてより左にしたビジネスモデルが良いです。

 

損益分岐点がより左下にあると、利益を生み出しやすいのはもちろんですが、
他にもメリットがあります。

・店舗展開のハードルが下がる
・事業スタートがしやすくFC・LCモデルが作りやすい
・利益を生み出しやすいモデルだとファンドや金融機関等からも資金調達が受けやすい

 

こういった様々なメリットが更に生まれてきます。

 

なので、ビジネスを作り込むときに、
損益分岐点が左下になる様に、考え尽くすのです。

 

メニューは?
価格は?
家賃は?
賃貸?購入?
備品は?
家具は?
通信費、その他経費は?
他削減ポイントは?
キャッシュポイントは?
キャッシュフローは?
入金サイトは?
etc.

 

損益分岐点を左下にした上で、
投入するべきポイントに資金を投資していきましょう。

 

まずは、左下へ。

 

関連記事

  1. 3、集客の仕組み構築

  2. ビジネスは仕組み構築が最も大切である

  3. 【LINE@新料金プランの解説】スクール・教室・塾がとるべき…

  4. 生徒集客における間違った認識

  5. 同業者・競合への向き合い方

  6. 学習塾業に係る経営力向上計画について【経済産業省】

  7. 生徒集客における勝つ為の方程式

  8. 生徒集客でのチラシ・パンフレットで大切なポイントの優先順位

  9. 広告業者を選ぶポイントとは?

  10. 情報発信における各媒体の効果的な使い分けとは?

  11. 集客で取り組むべきストック型媒体

  12. 4、販売の仕組み構築

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA