情報発信における各媒体の効果的な使い分けとは?

情報発信は、媒体ごとに全て違う内容にしなければいけないのか?

生徒集客と収益改善を徹底支援のヤグマネジメントです。

スクールや教室ビジネスに限らず、どのようなビジネスでも、
情報発信は行っていると思います。

集客・販促活動を行う1番の目的は「認知」ですので、
その為に情報発信を様々な手法を凝らして皆さん行いますよね。

そして、媒体やツールが増えた今は、
販促活動に効果的だと思われる媒体やツールもかなり増えました。

 

選択肢が増えた事は良い事ではありますが、
それに伴って新しい悩み事も出てきました。

 

《どのように使い分ければ良いのか?》

 

この相談は結構されることが多い質問です。
私の答えの軸は決まっています。

【見込み客に合わせる】

という事です。
いわゆるお客様目線です。

 

FBではどんな人が見てくれているのか?

インスタグラムではどんな人が見てくれているのか?どんなハッシュタグに興味を持っているのか?

LINEにはどんな人が、どんな経由で、どんな情報を求めて友達登録してくれているのか?

メルマガには、どんな人が、どんな経由で、どんな情報を求めて友達登録してくれているのか?

ブログには、どんな情報を求めて来てくれているのか?どんな検索キーワードでこのブログまで来てくれたのか?

YouTubeには、どんな人が、どんな検索ワードを経由して、自分のチャンネルに来てくれているのか?

 

これらを深く考えていくと、答えが見えてきます。

 

・発信する内容は、媒体ごとにばらけさせないと、一緒ではダメ!
・毎日発信しないとダメ!
・○○しないとダメ!

私からすると、こういう固定概念がダメです。
絶対なんかありませんし、効果的なものは移り変わりゆくものです。

 

その中で1つだけ変わらないものを言うとすれば、

 

「お客様が求めている物に合わせていく」
です。

 

あなたは情報発信を自己満足ではなく、お客様に徹底的に合わせて発信できていますか?

関連記事

  1. 4、販売の仕組み構築

  2. 集客で取り組むべきストック型媒体

  3. 【生徒募集方法の完全版】2019年最新の生徒集客手法とは?《…

  4. 【LINE@新料金プランの解説】スクール・教室・塾がとるべき…

  5. 学習塾業に係る経営力向上計画について【経済産業省】

  6. スクールや教室でするならリスティング広告?Facebook広…

  7. 生徒集客における間違った認識

  8. 2、基盤の仕組み構築

  9. FC・LC展開を見据えた損益分岐点

  10. 広告業者を選ぶポイントとは?

  11. 生徒集客における勝つ為の方程式

  12. 3、集客の仕組み構築

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA