スクール・教室ビジネスにも販路開拓

収益を拡大させる販路開拓戦略

スクールや教室、塾、学校向けに生徒集客&収益改善を徹底支援のヤグマネジメントです。

突然ですが、「販路開拓」というのはビジネスを行う上ではとても大切な事の1つです。

例えば、アパレルであれば、関東や関西、九州、東北といろんな地域に店舗を出すのも「販路開拓」ですし、
ラーメン屋さんを大阪の中央区で1店舗でやっていたのを、大阪の中で10店舗に増やすのも「販路開拓」です。

はたまた海外展開、通販、オンライン販売等、販路開拓には色々な方法があります。

 

販路開拓をするのは、たくさん商圏を広げていって有名になりたい、認知度を上げたいという意味ももちろんあるでしょうが、
1番大きな理由として、

売上を伸ばしたい

これに尽きるのではないでしょうか?

 

特にスクールや教室でリアル店舗運営をしている方だと、
商圏がある程度の範囲までになるので、

1店舗で年商で1500万円くらいが頭打ちではないでしょうか?
(中には特殊なモデルで3000万円を超えている所もありますが・・・)

 

そうなると、それ以上の結果を求めるのであれば、

販路開拓

が必要になるという事です。

 

例えば上記のような1500万円を売り上げる教室が7店舗あれば年商1億円は超えます。

年商500万円しかなく、営業利益が100万円の店舗でも、5店舗あれば、
年商2500万円、営業利益500万円になります。

単純な考えにも思えますが、
実際そういうことですよね?

 

そういう意味では、販路開拓は収益改善には切っても切り離せない関係なんですね。

 

あと、売上を上げるには、
もちろん「集客」は大切ですが、

爆発的な集客なんて、なかなか現実的に難しいです。
ネットでバズったり、特別な要素が必要になります。
それに、長続きしません。

 

そうなると、現実的に収益を改善するには、
どうすれば良いのかというと、

 

爆発的な集客を起こす事でなく、

安定的に集客できる仕組みを作って、
そして収益が生まれ、それが拡大していく仕組みを作っていく方が

 

よほど現実的ではないですか?

どうでしょう?

 

どんなビジネスでもそうですが、
しっかりと成功するには、

夢物語を追いかけるのではなく、
地道に。着実に。

仕組みを作っていった方が良いです。

 

販路開拓。

 

これも重要な収益改善の仕組みの一つです。

 

そして、販路開拓の方法は1つや2つではありません

 

自分のビジネス特性、ビジョンにあった販路開拓を。

関連記事

  1. 学習塾業に係る経営力向上計画について【経済産業省】

  2. 4、販売の仕組み構築

  3. 1、コンテンツの仕組み構築

  4. 3、集客の仕組み構築

  5. 広告業者を選ぶポイントとは?

  6. 「心の健康づくり計画助成金」について

  7. 生徒集客における勝つ為の方程式

  8. スクール・教室・塾・学校の生徒集客は動画マーケティングで5G…

  9. 最新の生徒募集・集客の方法&コツ解説《スクール・教室・塾・学…

  10. 同業者・競合への向き合い方

  11. 生徒集客でのチラシ・パンフレットで大切なポイントの優先順位

  12. FC・LC展開を見据えた損益分岐点

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA