ビジネスは仕組み構築が最も大切である

ビジネスに絶対に必要な4つの仕組み

ビジネスを行う上で、絶対に必要な仕組みが4つあります。

1、コンテンツの仕組み
2、基盤の仕組み
3、集客の仕組み
4、販売の仕組み

この4つです。

ここではポイントを説明し、別のブログにて詳しく説明していきます。

1つ目の「コンテンツの仕組み」とは、自分が提供するコンテンツ、いわゆるサービスや商品を作る事です。
当たり前の事ですが、コンテンツが魅力的でないと市場には響かず、お客様はそれを求めません。
《自分が提供したいもの》ではなく、《お客様が求めているもの》を提供することが大切です。

2つ目の「基盤の仕組み」とは、自分がビジネスを行う上での環境を作る事です。
HPを用意したり、事務所を構えたり、システムを導入したり、仕入れ先を決めたりと自分がビジネスを進めていく上で必要となる環境を整えていきます。
立ち上げ時期であれば、固定費を抑えてランニングコストを下げる事が大切です。

3つ目の「集客の仕組み」とは、見込み客をどのような流れで集め、販売していくかという販売までの流れを設計して組み立てる事です。
コンテンツが売れるまでの流れを全て明確にしておく事が重要です。
様々なツールを利用して、集客の仕組みを効果的かつ効率的なものに仕上げます。

4つ目の「販売の仕組み」とは、集めた見込み客に対して高確率で販売を成功させる為のセールスの部分を作る事です。
営業力・販売力・クロージング力と言われる販売する技術ですが、これを感覚やセンスで行うのではなく、誰でも安定的に高確率で販売できるような仕組みを作ります。
ここで大切なのが、「価値」が「価格」を上回るようにしっかりと価値提供を行っていく事です。
販売が成立した後は、お客様にスムーズに入金を行って頂きます。

以上、ビジネスを行う上で絶対に欠かせない4つの仕組みについてポイントをお伝えしました。
また1つずつもう少し詳しく説明していきますので、そちらも確認してください。

それでは失礼します。

関連記事

  1. 学習塾業に係る経営力向上計画について【経済産業省】

  2. 集客で取り組むべきストック型媒体

  3. 「心の健康づくり計画助成金」について

  4. 広告業者を選ぶポイントとは?

  5. 生徒集客の仕組み化《スクール・教室・塾・学校運営者様向け》

    【2019年完全版】最新の生徒集客&生徒募集の方法とは?《ス…

  6. FC・LC展開を見据えた損益分岐点

  7. 1、コンテンツの仕組み構築

  8. スクールや教室でするならリスティング広告?Facebook広…

  9. 同業者・競合への向き合い方

  10. 4、販売の仕組み構築

  11. 情報発信における各媒体の効果的な使い分けとは?

  12. スクール・教室ビジネスにも販路開拓

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA