コロナウイルス危機でも前向きに

こんにちは!

生徒集客と収益改善を徹底支援の
経営コンサルティング会社、ヤグマネジメントです。

現在コロナウイルスの感染が広がってきており、
TVのチャンネルを回してもコロナウイルスの話ばかりです。

現在のこの状況ですが、一見すると、

 

自分もコロナウイルスに感染してしまうのではないか!?

生徒さんがコロナウイルスに感染したらどうしよう!?

コロナウイルスが運営に影響を与えたらどうしよう!?

 

こんな事を考えてしまいがちですが、

経営者たるもの、
逆境に立ち向かっていかなければいけません!

先手先手で次の策を講じなければいけません!
この逆境をプラスに働かせるぐらいの気持ちが大切です!

 

では、この今のタイミングでは、何ができるでしょうか?

 

それは・・・

 

逆境ブランディング

 

です。

これは結構重要です!
どういう事かと言うと、逆境を生かして、それをブランディングに活用するという事です。

今回の場合だと、コロナウイルスのこの危機を、
何とか自分のスクール・教室のブランディングに取り入れる事が重要です。

 

例えば、

当教室では、新型肺炎の感染拡大を受けて、

・入口での消毒
・入室前の手洗いうがい
・空間殺菌の導入

といった対策を徹底しています。

また、新型肺炎・インフルエンザ等で欠席となった部分については、
~の形で対応させて頂きます。

 

こういう感じです。

感染に関する対策は、自分の所ができる範囲で良いですし、
欠席等への対応は、後日の特別授業でも、オンラインレッスンでの振替等、何でも構いません。

どのやり方や方法が良いのかを言っているのではなく!

 

何が大事かと言うと、

 

きちんとその場その場で適切に対策を取っている

 

という事です。

そして、これをブログやSNSでアピールする事が大切です。

 

それによって、

「あそこの教室は、生徒想いの教室だなぁ」
「あそこのスクールは、対応が迅速で速いなぁ」
「あそこのスクールは、清潔感があって、対応が良くて安心だなぁ」

こういう風に見込み生徒に魅力をアピールする事ができます。

これが逆境ブランディングです。

 

逆境でも、何か強みを打ち出せないか?

逆境でも、何か差別化できないか?

逆境でも、何か魅力を発信できないか?

 

他の競合が、何も逆境ブランディングをしていない・できていないのであれば、

チャンスです!

 

あなたのスクール・教室では逆境ブランディングを徹底しましょう!

 

 

【こちらをクリック】生徒集客の仕組み化3ステップオンライン講座を無料で手に入れる!

関連記事

  1. 同業者・競合への向き合い方

  2. サービスやコース価格の設定法

  3. 1、コンテンツの仕組み構築

  4. 集客で取り組むべきストック型媒体

  5. 2、基盤の仕組み構築

  6. 【最新まとめ】生徒集客・募集の方法&コツ解説《スクール・教室…

  7. 【重要】中小企業の融資環境が変わる「金融検査マニュアル」の廃…

  8. 広告業者を選ぶポイントとは?

  9. 生徒集客における間違った認識

  10. スクールや教室でするならリスティング広告?Facebook広…

  11. ビジネスは仕組み構築が最も大切である

  12. ビジネスにおける戦略・戦術・手法とは?