サービスやコース価格の設定法

生徒集客と収益改善を徹底サポートのヤグマネジメントです。
今回はよく質問される中でも、サービスやコース料金の設定の仕方についてお話します。

スクール・教室の場合、それぞれの業態で色々なサービスがあると思います。

 

例えば、

学習塾では、科目毎のサービスがありますし、同じ科目でも、内容によって階層メニューを作ったりしますよね。

ダンス教室でも、HIPHOPからROCKからJAZZ、POP等、ジャンルやレベルの違い等、様々なメニューができます。

空手教室や野球教室でも、コース内容やレベル、目標に合わせて、階層的なメニューとなりますよね。

 

そして、様々な教室が、色んなサービスを作っていった時に、出てくる問いが。

 

 

【料金をいくらに設定しよう?】

 

 

料金設定の塩梅です。

料金設定を決める時のやり方としてオススメは、次の3パターンです。

 

1、競合他社比較法

2、自社最適化

3、顧客最適化

 

以下、順に説明していきます。

 

1、競合他社比較法

これは、競合他社のサービス料金の設定価格に合わせて値付けする方法です。
そして、サービス内容が他の競合他社と似ている場合に、取るべき方法です。

同じサービスが近くのA教室では5000円で提供しているのに、自教室で6500円で提供したら、生徒の皆さんは、まずA教室に行きますよね。

という、至極当たり前の事です。

ただ、日頃から市場分析・競合他社の動向分析を怠っている教室だと、価格設定のズレは、結構起こりうることなので、
この辺りは、常にアンテナを張っての確認が必要です。

ではこの「競合他社比較法」をどう活かすかですが。

競合他社の価格相場を調べたら、まず「勝つ」事が大切です。

同じではダメです!!

何で勝つか?

それは、サービス内容で勝つ事です。

競合他社のサービス内容を調べ尽くして、競合他社のサービス内容を上回って下さい。

どうしても、どうしても、どうしても。
サービス内容で、どうしても上回れないのであれば、
価格相場よりも料金を下げて下さい。

「安さで勝つ」です。

ただ、他より安価にするという安売り作戦は、小学生でも思い付くような戦略なので、
安売りに安易に逃げないようにしてください。

値段を下げるのは、最後の最後の最終手段だと、肝に銘じて下さい。

つまり、

・競合価格と同じ価格設定ならサービス内容で上回る。
・サービス内容が同じなら価格を下げて設定する。
・目指すは、サービス内容を充実させ、価格も引き上げる。

という事です。

 

では続いて、

2、自社最適化

これは、自分たちが付けたい価格を自由に値付けするという方法です。
競合が少ないブルーオーシャンの事業やサービス提供をしている場合に行いやすい価格設定方法です。

これは、自由度が高い面、利益設計をしっかりとしなければいけません。

スクールや教室のビジネスモデルは、基本的に、リピート率が高いビジネスモデルです。

であれば、年間LTVや、販促費などを加味した上で、最適と思われる所に持って行かなければいけません。
販促費が年間200万円掛かるのに、売上が500万円になるような年間LTV設計では全然ダメだという事です。
百歩譲って開業初年度なら目を瞑りますが、基本的にはダメです。

「営業利益をいくらに持っていきたいのか」を、コスト・利益をしっかりと考えた上での自由として、自社に最適な料金設定をする事が大切です。

 

そして、最後。

3、顧客最適化

これは、アンケートを用いて実際のニーズに合わせて価格を決めていく方法です。
既存顧客や新規見込み客に対してアンケートを取り、実際の声を聞いてサービス・料金を構築するやり方です。

既存の生徒であれば、アンケート用紙で、簡単に声を集める事ができます。

新規見込み客に対しては、無料でしたいのであれば、メルマガ等を活用して、リストを集める必要があります。
そうすれば見込み生徒リストに、アンケートを取る事ができます。

リストが無いのであれば、有料ですが、アンケートサイトを活用すれば、アンケートを自由にとる事ができます。

弊社でもそうですが、新しく大きな事業を立ち上げる際には、有料のアンケートサイトを活用して、しっかりと市場調査を行います。
アンケートサイトは高いですが、投資金額として大きな金額が動く様な、本当に失敗したくない時は、利用するのがおすすめです。
多数の見込みターゲット層に対して、アンケートを取れるので、統計学的に信ぴょう性が上がります。

基本的には、あまり資金を掛けたくない場合は、
実際にターゲットとなるような方を既存生徒や、知り合いから探し、
できるだけ沢山の人から、料金・サービス内容についてのアンケートを取れると良いです。

 

ただ、
「2、自社最適化」でも話しましたが、
いくらニーズがあっても、利益を度外視した価格設定は絶対にダメです。

こちらは頭の中に必ず入れておいてください。

 

なので、今回のサービス価格の設定方法をまとめると、

 

自分のサービス提供に掛かるコストと利益を考えた上で、
1~3の紹介した方法を取られるのが良いです!

 

これから新サービスやコースの構築を視野に入れられている方は、これらのポイントを参考にして頂けると嬉しいです。

 

関連記事

  1. 集客で取り組むべきストック型媒体

  2. 同業者・競合への向き合い方

  3. 4、販売の仕組み構築

  4. 【重要】中小企業の融資環境が変わる「金融検査マニュアル」の廃…

  5. スクール・教室ビジネスにも販路開拓

  6. FC・LC展開を見据えた損益分岐点

  7. 情報発信における各媒体の効果的な使い分けとは?

  8. 生徒集客でのチラシ・パンフレットで大切なポイントの優先順位

  9. 「心の健康づくり計画助成金」について

  10. 1、コンテンツの仕組み構築

  11. 学習塾業に係る経営力向上計画について【経済産業省】

  12. スクールや教室でするならリスティング広告?Facebook広…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA