経営コンサルティング

学習塾運営に関するお悩みやその解決方法をご紹介

学習塾の目的は生徒の学力向上です。
学力を向上させたい理由にはテストの点数を上げる、学校の授業の先取り、難関校への進学などさまざまなものがあるでしょう。
そのためには、子どもを指導する講師や、講師を雇用するための費用、費用を捻出するための集客などが必要です。

 

子どもの集客

問題点

学習塾運営を始めたものの、なかなか子どもを集められないことがあります。
子どもが集まらなければ、講師や事務員に支払う給料を捻出できないため、集客は学習塾の存続に直結する問題であるといえます。

解決方法

まず、運営されている学習塾と競合他塾の違いを明確にしましょう。
「当塾は○○が強い」「当塾は○○の実績を保有している」など、ほかの塾にはない強みを見つけると、プロモーションがしやすくなります。
集客の一例として、Webサイトを用いたプロモーションが挙げられます。
LP(ランディングページとも言い、Web広告で出稿するページを指します)に上記の強みをキャッチコピーや訴求として記載することで、ユーザーの目に留まりやすくなります。
またプロモーションはWebサイトだけでなく、商圏内でのチラシ配りや新聞への折り込みなど、他にもさまざまな手法があります。
コストや集客ターゲットに併せて、最適なプロモーションをおこないましょう。

 

子ども・保護者の関係

子どもや保護者の関係

問題点

保護者からクレームを受けることが多い、子どもに呼び捨てにされるので頼りないといわれるなど、講師や塾長と子ども・保護者との関係性がうまくいかないことがあります。
この場合も、学習塾運営の問題であるといえます。

解決方法

学習塾は教育の場です。
勉強だけではなく、間違えたことをした子どもを叱ってあげるのも立派な仕事のひとつです。
勉強以外の、常識面も指導することで保護者の満足度を上げることができます。
ただし、叱り方によっては、クレームにつながってしまうこともありますので注意が必要です。

 

休みが少ない

問題点

少人数で運営している学習塾の場合、なかなか休めないといったお悩みもあります。
ひとりが体調を崩してしまった場合、残りの人員で回すことになりますが、普段以上にギリギリの運営になります。
このようなことから、少人数での学習塾運営の場合は休みが取りづらい状況であることが多いです。

解決方法

開業当初は人員が少ないのでどうしても休めない状況があります。
そのため開業前に、「しばらく休めないのは仕方がない」と覚悟を決めなければなりません。
どうしても休まなければならない場合は、思い切って休みを取るようにするのも一つの手段です。
休んでみると、意外と問題がなかった、ほかの従業員も休みをとれるようになったなど、新たな発見があるかもしれません。

 

講師の求人

問題点

少人数制でも、ある程度子どもが集まってくると講師の求人を出す必要があります。
サービスの質を上げるため講師の求人を出したが、思うように講師が集まらない。
このような場合はどうすれば良いのでしょうか?

解決方法

プロモーション内の訴求方法を変えてみましょう。
例えばこれまでは「教えるのが好きな方、大募集」とうたっていたものを、「厚待遇、残業なし」など、就職希望者にとって明確にメリットとなるような情報を提供することで解決する可能性があります。

 

おわりに

本記事では、学習塾運営に関するお悩みや、その解決方法についてご紹介しました。
取り上げた学習塾の問題点や解決方法は一部で、学習塾によって発生する問題や課題はさまざまです。
いずれの問題もそれぞれが独立しているわけではなく、複数の問題に関連するものが多いです。
解決に時間がかかっている、何をやっても解決しなかったなどの問題がございましたら、ぜひ当社にご相談下さい。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP