経営コンサルティング

学習塾のフランチャイズ・個人経営 それぞれの違いについて

学習塾運営は、「フランチャイズ経営」なのか「個人経営」なのかに分けることができます。
本記事では、学習塾のフランチャイズ・個人経営、それぞれの違いについてメリット・デメリットの観点でご説明します。

 

フランチャイズ経営による塾のメリット・デメリット

フランチャイズのメリット

こちらでは、学習塾のフランチャイズ経営に関するメリットやデメリットをご説明します。

メリット

【知名度が高い】
学習塾を運営するにあたり、知名度は生徒や講師を集客するための重要な要素です。
フランチャイズの場合、知名度が高い状態で開業することができるため、はじめから高い集客力が期待できます。

【各メディアで宣伝をしてもらえる】
フランチャイズの学習塾はWEB広告だけではなく、紙媒体やテレビCMなど、さまざまなメディアで販売促進を行うことがあります。
個人経営では資金面などで実施することがむずかしい宣伝活動を本部や本社が各メディアで宣伝してくれるのは、フランチャイズ学習塾のメリットであるといえます。

【指導ノウハウがそろっている】
個人経営の学習塾とは違い、フランチャイズ経営の学習塾では、多くの教室がこれまで培った指導ノウハウをそろえています。
そのため、運営が初めての方でも指導、経営がしやすい点もメリットとして挙げることができます。

 

デメリット

【ロイヤリティが発生する】
フランチャイズに加盟する際には、初期費用や運営上のロイヤリティ費用が発生したり、解約時に高額の解約金が発生したりします。
ロイヤリティが発生する分、必要資金に関しては個人経営塾よりも高くなることがあります。

【経営方針が決定されている】
フランチャイズ経営の学習塾は、本部・本社が決定した経営方針に従って運営をしなければなりません。
そのため、個人経営よりも経営に関する自由度が低い点には注意が必要です。

【教材の選択肢が狭い】
フランチャイズ経営の場合、生徒を指導するための教材があらかじめ用意されています。
そのため、オリジナルの教材や指導方法を行うことがむずかしく、柔軟な指導ができないことがあります。

 

個人経営塾のメリット・デメリット

個人経営のメリット

こちらでは、個人経営塾のメリットとデメリットについてご説明します。

メリット

【経営方針の自由度】
個人経営塾の場合、経営方針や年間予算、目標生徒数などをすべて経営者が決定します。
そのため、期の途中で方針を変えるなど、柔軟な経営を行うことができます。

【個人宅でも開業可能】
学習塾を開業する際の課題として、開業場所や開業資金が挙げられます。
個人経営の場合、自宅の一室を教室に作り変えて生徒を指導したり、備品は自宅のものを使用したりするなど、さまざまな観点で費用を節約することができます。

【開業資金の調達】
先述の通り、個人塾開業の際はさまざまな観点で初期費用・運営費を節約することができます。
開業資金についてはフランチャイズのようにロイヤリティが発生しないため、比較的低額で学習塾を開業することができます。

 

デメリット

【経営のノウハウを学ぶ必要がある】
個人経営の場合、経営ノウハウや指導方法などは全て自社で培わなければなりません。
そのため、開業当初は両方について多くのことを学ぶ必要があるので、休日も返上して働くこともあります。

【集客はすべて自分自身で行う】
フランチャイズ経営のような資金はない場合がほとんどなので、チラシの印刷やWEB広告の配信など、集客はすべて経営者が行わなければなりません。
やり方が正しいかどうかなど、数字を計測しながらの効果検証をしっかり行っていく事が非常に大切です。

【知名度が低い】
個人経営塾はフランチャイズに比べ、開業当初の知名度は高くありません。
知名度を上げるためには、集客活動だけではなく信頼度や実績も積まなければなりませんが、それらが蓄積されるまでに時間がかかってしまうことがあります。

 

終わりに

本記事では、学習塾のフランチャイズ・個人経営 それぞれの違いについてメリット・デメリットの観点でご説明しました。
フランチャイズ経営、個人経営ともにさまざまなメリット・デメリットがありますので、ご自身に合った経営スタイルで開業を検討しましょう。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP