学習塾業に係る経営力向上計画について【経済産業省】

生徒集客&収益改善を徹底支援のヤグマネジメントです。

令和に突入しましたが、令和に突入する少し前、
平成31年4月1日から施行された、「学習塾業に係る経営力向上に関する指針」をご存知でしょうか?

まだご存知でないスクールや教室の運営者の方は、
以下の内容に一度目を通されると良いです。
https://bit.ly/2HzyYLJ

 

どういうものなのか、簡単に説明しますね!

一言で言うと・・・

時代に合った最先端の仕組みを取り入れたり、生産性を高めたりして、経営力を向上させて、生徒の為にしっかり頑張ってくれるんだったら、国を挙げて補助しますわ!

っていう事です。

 

する事も明確です!

 

「経営力向上計画を作成して、近くの経済産業局に提出する」

 

ということです^^
そして審査を待ちます!

認定を受けた事業者は、どんなメリットがあるのかと言うと・・・

・固定資産税の軽減(3年間半額になる)
・法人税等の特例措置(即時償却、税額控除)
・金融支援等(低利融資、債務保証等)

こういった特例措置を受けることができるんですね!!

 

どれもありがたいですよね!

収益があまり芳しくないところであれば、金融支援の方を視野に入れられますし、
収益が良いのであれば、次の投資を探して、そこで即時償却できればめちゃくちゃ良いですよね。

 

いずれにしてもありがたい措置だと思いますので、活用してみると良いかと思います。

 

では、ついでに、どういう分野について経営力の向上を図らないといけないか説明します!

1つ以上は当てはまらないといけません!(後でも説明しますが、事業規模によって異なります)

 

1、提供する学習内容に関する事項
こちらは、EdTechやSTEAM教育、探求型教育、プログラミングといった新しい学びを提供する事に取り組んだりするという事ですね。

2、設備投資・IT投資に関する事項
こちらは、設備やIT等への投資を積極的に行うという事ですね。

3、学校教育との連携に関する事項
こちらは、学校と連携して、新しいサービスを考えていくという事ですね。
スクールや教室運営において、収益改善の一つとして活用できます。
(これは弊社でも今後かなり力をいれて取り組んでいきます。気になる方は一度ご連絡下さい。)

4、安全・安心に関する事項
こちらは、通塾される生徒の安全確保の為の整備に取り組むという事ですね。

5、人材に関する事項
こちらは、労働に関わる勤怠管理や労働環境の整備をして従業員の確保や定着化に取り組むという事ですね。

6、財務・マネジメントの関する事項
こちらは、経営状況を外部の専門家と共に改善していくことに取り組むという事ですね。
(弊社のような経営コンサルティング会社に依頼して集客や収益改善に取り組むという事です)

7、知的財産に関する事項
こちらは、自社独自のノウハウを特許などの知的財産権の取得に取り組んだりするという事ですね。

8、経営資源に関する事項
こちらは、現在すでに持っている経営に深くかかわる資源を、有効に活用していこうと取り組んでいくという事ですね。

 

 

以上、これら8つが取り組むべき対象となる訳ですが、

小規模事業者(従業員5名以下)であれば、どれか1つ

中規模事業者(資本金5000万円以下なおかつ従業員5名以上100名以下)であれば、どれか2つ

中堅事業者(上の2つに当てはまらない事業者)であれば、どれか3つ

に取り組む必要があるんですね!!!

 

非常に魅力的な措置だと思いますので、ぜひご活用ください^^

 

もし、この経営力向上計画に基づく補助をお考えであれば、
弊社でも、関係先と連携してサポートできる体制を整えておりますので、

いつでも!

お気軽に、ご相談ください!!

 

スクールや教室の運営における、収益改善のご相談生徒集客のご相談
一度ご連絡ください^^

弊社ヤグマネジメントは、全国どこでも対応させて頂いております!!

それでは、失礼いたします。

関連記事

  1. 2、基盤の仕組み構築

  2. 4、販売の仕組み構築

  3. 生徒集客における勝つ為の方程式

  4. 3、集客の仕組み構築

  5. HPが新しくなりました

  6. 1、コンテンツの仕組み構築

  7. 情報発信における各媒体の効果的な使い分けとは?

  8. FC・LC展開を見据えた損益分岐点

  9. スクール・教室ビジネスにも販路開拓

  10. 「心の健康づくり計画助成金」について

  11. ビジネスにおける戦略・戦術・手法とは?

  12. スクールや教室でするならリスティング広告?Facebook広…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA